柄本明とおしどり夫婦だった角替和枝さん、64歳死去…原発不明がんとは

弔問に訪れた石倉三郎
弔問に訪れた石倉三郎

 味わいのあるバイプレーヤーとして活躍した、女優の角替和枝(つのがえ・かずえ、本名・柄本和枝=えもと・かずえ)さんが27日午前6時27分、原発不明がんのため都内の自宅で死去したことが28日、分かった。64歳だった。夫の柄本明(69)とはおしどり夫婦として知られ、長男の柄本佑(31)、次男の柄本時生(29)も俳優業で活躍する芸能一家。訃報から一夜明けたこの日、弔問に訪れた俳優の石倉三郎(71)は、角替さんの病状が急速に悪化していったと明かし、無念さをにじませた。

 柄本はこの日朝、報道各社にファクスを送付し、角替さんについて「10月27日午前6時27分『原発不明癌(がん)』により旅立っていきました。長きにわたり応援して下さいましたファンの皆様、及び関係者の皆様には深く感謝いたします」と報告。通夜・葬儀は近親者のみで執り行うといい、後日お別れの会を行う予定。柄本は「その際に改めてごあいさつさせていただければと思いますので、今はそっとしておいていただければ幸いです」と胸の内をつづった。

 この日、都内の自宅を弔問に訪れた俳優の石倉三郎によると、角替さんの遺体は自宅に安置されており「かわいい顔をしていました」。柄本は気丈に振る舞っていたと言うが「しんどいと思いますよ。『メシだけは食えよ』って言ってきました」と盟友を思いやった。

 石倉によると「9月に病気のことを知らずに会った時は、軽口や冗談を言えるぐらい元気だった」と言い、11月23日から開幕する所属劇団「東京乾電池」の児童向け舞台「さらっていってよピーターパン」の演出も務める予定だった。しかしこの1か月で容体が急速に悪化したようで、柄本と石倉が共演する舞台の稽古中に厳しい状況であることを柄本から打ち明けられたという。

 「毎年、検査していたのにね…」と石倉。角替さんは手術をせず、自宅で療養をしていたというが、次男の時生は海外で仕事中、佑の妻で女優の安藤サクラ(32)も仕事のため東京を離れており、最期をみとることができなかったようだ。角替さんは、放送中のNHK連続テレビ小説「まんぷく」で主演する安藤が、長女の出産直後であったことから当初はオファーを断ろうとした際、「やらないんだったら事務所も仕事もやめな」とゲキを飛ばし、出演を後押ししていた。

 角替さんは静岡県出身。学生劇団「暫」に所属し、つかこうへい事務所に所属。「熱海殺人事件」などに出演したのち、柄本が主宰する「東京乾電池」に参加した。乾電池メンバーで出演したフジテレビ系「笑ってる場合ですよ!」のコントコーナーのコミカルな演技でお茶の間でも人気に。1981年、26歳の時に座長だった柄本と結婚し、1女2男をもうけた。

 童顔で味わいのある演技で、舞台やドラマ、映画に欠かせない女優として活躍。子供たちからは「和枝ちゃん」と呼ばれる仲良し家族としても知られ、次男の時生とはNHK連続テレビ小説「おひさま」で母子役で共演を果たしたこともあった。

 ◆原発不明がん 発生した臓器が何か分からないがん。がんが最初に発生した臓器を「原発巣」と呼び、転移した他の臓器を「転移巣」と呼ぶ。通常は検査・診断によって原発巣は明らかになるが、まれに不明のままになるケースがある。発生頻度は全悪性腫瘍の3~5%。治療方針を立てることが困難になる場合もある。発覚した時点で外科手術や放射線治療で根治できる時期を過ぎていることが多い。

 ◆角替 和枝(つのがえ・かずえ)本名・柄本和枝。1954年10月21日、静岡県生まれ。つかこうへい事務所を経て、劇団「東京乾電池」に所属。82年のNHK連続テレビ小説「ハイカラさん」、04~06年のNHKバラエティー「コメディー道中でこざる」などに出演。今年8月にはNHK連ドラ「透明なゆりかご」にも出演していた。熱心なゲーム好きとしても知られた。

芸能

宝塚歌劇特集

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請