【ドラフト】広島・緒方監督 1位小園にキャンプ1軍プラン

広島・緒方監督がくじを引き当て、笑顔を見せる報徳学園・小園海斗 
広島・緒方監督がくじを引き当て、笑顔を見せる報徳学園・小園海斗 

◆プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD(25日・グランドプリンスホテル新高輪)

 広島は報徳学園高・小園海斗内野手(18)を1位指名。オリックス、ソフトバンク、DeNAとの4球団競合になったが、抽選で交渉権を獲得した。

 一番最後、右手で当たりくじを引き当てた緒方監督は「予定では3球団が重複するだろうと聞いていた。4球団になって厳しいかな、と思っていた。うれしさよりもホッとしました」と安どの表情。小園については「次の世代の主力選手、中心としてやってくれる能力が非常に高い選手。将来、中軸を打てるような選手になってほしい」と期待を口にした。

 「来年1月の自主トレに、どういう形で入ってくるか。基礎能力がどの程度かを把握したうえで、良ければ1軍のキャンプに帯同させてもいいかなと自分のなかでは思っている」と育成プランを明かした。

野球

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請