帝拳ジム・本田会長、奮闘の村田ねぎらう「最後まで立っていたのはプライド」再戦は「本人次第」

王座陥落し、一夜明け会見を行った村田諒太(カメラ・飯塚 康博)
王座陥落し、一夜明け会見を行った村田諒太(カメラ・飯塚 康博)

 前WBA世界ミドル級王者・村田諒太(32)=帝拳=の王座陥落から一夜明け、陣営の本田明彦会長(71)が21日(日本時間22日)、現地で取材に応じた。前夜は米ラスベガスでの2度目の防衛戦で、同級3位ロブ・ブラント(28)=米国=に0―3の判定負け。手数で圧倒されながら立ち続けた村田に、本田会長は「12ラウンド、最後まで立っていたのは、かすかなプライドだったね。気持ちはよく頑張っていた。よく立ってた。あれは意地で立っていたんだろう」とたたえた。

 村田は常に思考を巡らせ、ミドル級で日本人が届かなかった道を切り開いてきた。努力を惜しまない姿を見てきた会長は「日本のボクサーで間違いなく一番稼いだ。はっきり言って、ボクサーとして素質はない。他の人生でも生きるすごいものをあいつは持っている。ボクシングは本当に一生懸命やってきた。ゴールドメダリストで世界チャンピオンになって、うちも責任を果たした。この敗戦で全部消えるわけではない」と手放しで称賛した。

 「第2の人生に期待しちゃうね」と笑いつつ、再戦の可能性には「本人次第。本人の問題だから。まだ決められないでしょ。リマッチの契約が入っているだけ。普通、米国ではあれで辞めるってことはないから」と説明。多くのスポンサーを持つ村田だけに「村田の場合は背負うものが大きすぎる。(決断は)簡単じゃない。ゆっくり話し合う。ただやればいいってもんじゃないし、ゆっくり考えるべき。本人がやるって言えば、ダメとは言えない」と去就は本人に委ねた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請