【浦和】「コンマ何秒の判断が勝敗を分ける」20日の鹿島戦は集中力がカギと主将の柏木

鹿島戦に向けた前日練習を終え、クラブハウスに引き上げる浦和の(左から)MF柏木陽介、FW興梠慎三
鹿島戦に向けた前日練習を終え、クラブハウスに引き上げる浦和の(左から)MF柏木陽介、FW興梠慎三

 J1浦和は19日、さいたま市内で20日のホーム・鹿島戦(埼玉)に向けた非公開練習を行った。約1時間、セットプレーなどを確認したと見られる。

 浦和は鹿島に対し、リーグ戦は3連敗、公式戦6連敗中。主将のMF柏木陽介は「今までやってきたことをやるしかない。戦術どうのこうのより、コンマ何秒の判断が勝敗を分ける。集中して、走って、戦う」と話した。

 埼玉スタジアムの前売りチケットは18日午後1時の段階で4万7000枚が売れているという。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請