沢田研二の「客席スカスカ」ドタキャンは法律的にどうなる?「スッキリ」で菊地弁護士が解説

沢田研二
沢田研二

 19日放送の日本テレビ系「スッキリ」(月~金曜・前8時)で歌手の沢田研二(70)が17日にさいたまスーパーアリーナで開催予定だった公演を急きょ中止した問題を特集した。

 沢田は18日に横浜市内で取材に応じ、中止の理由について、事前に所属事務所とイベンター(チケットを販売し、ライブを制作する会社)から観客数が9000人と聞いていたが実際は7000人で、自身が求める満員にほど遠く、意地として中止を決断したと説明。開演前に会場から帰ったと明かし、「僕の実力不足。申し訳ございません」と謝罪した。

 沢田はグレーのスーツにちょうネクタイ姿で報道陣約10人に対応し悔しさをにじませながら公演中止を謝罪した。「僕にさいたまスーパーアリーナでやる実力がなかった。本当に申し訳なく思ってます」と頭を下げ、「お客さんは『来てんねんから、やれよ』と言うのは分かる。甘いけど、僕はお客さんを信じてる。今回はお客さんに甘えさせてもらい、僕の意地を通させてもらいました」と説明した。

 同ライブは17日午後5時開演予定だったが、4時頃に急きょ中止がアナウンスされた。会場入り口に貼られた紙には手書きで「契約上の問題が発生した為(ため)」と理由が記されていたが、沢田は「動員に関する契約上の問題だった」と話した。

 同会場は客席が可動式で、ライブ規模によって約1万人から最大3万7000人まで収容可能。事前に所属事務所とイベンター会社から集客状況を「9000人と聞いていたが、実際は7000人だった」と知らされた。リハーサルでモニターを見た時、座席が置けるのに置いておらず、観客が座れないように客席がつぶされているブロックが「6か所くらいあった」ことに腹を立てた。

 沢田は「客席がスカスカの状態でやるのは酷なこと。無理だよ。僕にも意地がある」と最終的に自身で中止を決めた。だが、開場時間の午後3時半まで事務所、イベンターから開催を懇願され、押し問答に。最後はらちが開かず、「今回はできませんと1分でも早くお客さんに伝えてほしかった。僕が帰らないと収まらないならと、3時45分くらいに帰った」という。

 中止を決断した自身について「僕は特殊な方だと思う」と沢田。これまでも東北、中国地方などでは集客が少ない中でライブを行ったこともあり、事務所やイベンターに「ライブをやるなら満員にしてくれ、無理なら断ってくれといつも言ってる」。現在70歳で「あと10年はやる気持ちだけど、こんな調子ではどうなるのか心配」と心境を吐露した。

 同ライブは振り替え公演を行う方向で事務所、イベンター会社と話し合いを進めており、「来年5月から始まるツアーまでに会場を探したい」とした。

 沢田の説明にコメンテーターの菊地幸夫弁護士は、法律的な視点で「非常にジュリーの、ジュリーなんて言ったら失礼ですけど、ボクもファンだったんで。沢田さんのおっしゃることは非常に分かりました。ただ、法律問題となると沢田さんの今のメッセージと同じレベルで主催者の方が考えているのか。契約としてそれが明確になっているのか、そこが問題となるところなのかもしれませんね。口約束ぐらい、ポリシーぐらいで語っているぐらいのレベルだったらキャンセルしても帰るということはもしかすると法律の上から見ると正当化されないかもしれない」と示した。

 一方で「それがはっきりとお互いに沢田さんがおっしゃったような確約という形で認識されていれば、沢田さんが帰ったのは、それは正当という風に判断されるかもしれません。いずれにしてもお客さんとの関係では主催者が第一義的に損害の賠償なりにあたることになります」と指摘していた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請