【阪神】矢野新監督が就任会見「よっしゃやってやるぞ、という気持ち」

就任会見で藤原次期オーナー(左)揚塩球団社長(右)と握手を交わす矢野新監督
就任会見で藤原次期オーナー(左)揚塩球団社長(右)と握手を交わす矢野新監督

 阪神・矢野燿大新監督(49)が18日、大阪市内で就任会見を行った。次期オーナーの阪神電鉄・藤原崇起会長、揚塩健治球団社長が同席し、壇上で「監督やらせていただくと決まってからは、『よっしゃやってやるぞ』という気持ちに向いている」と意気込んだ。3年契約で背番号は「88」に決定。17年ぶりに最下位に沈んだチームの再生に挑む。

 金本監督の電撃辞任に伴い、13日に監督就任の要請を受けた。悩んだ末に15日に受諾。「今は初めてのことですから、不安や怖さ、そういうものもあります。秋のキャンプ、春のキャンプ、オープン戦と行くなかで、不安や怖さが自信や期待に変わっていければいいという気持ちになっています」と目を輝かせた。

野球

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請