【日本ハム】栗山監督が東洋大・上茶谷、甲斐野ら電撃視察!「いいものを見せてもらった」

◆東都大学野球秋季リーグ戦 第7週第2日(17日・神宮)▽東洋大 3―2 国学院大(1勝1敗)

 日本ハム・栗山英樹監督(57)が、東都大学野球の国学院大―東洋大2回戦(神宮)を、ネット裏から電撃視察した。都内でのスカウト会議終了後、一人で神宮を訪れた。

 試合後の指揮官は「スカウトからの報告で、中川くん(圭太二塁手=PL学園)も含めて、いい選手というのは聞いている。自分の目でも、見ておきたいと思っているし、きょうは見られるタイミングだった。いいものを見せてもらった」と話した。

 試合は東洋大のドラフト1位候補右腕・上茶谷大河(4年=京都学園)が、8回4安打2失点の好投。1点リードの9回を、159キロ右腕の甲斐野央(ひろし、4年=東洋大姫路)が無失点で抑えた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請