ソウルスターリングが左前肢手根骨骨折 全治3か月の診断で放牧へ

ソウルスターリング
ソウルスターリング

 府中牝馬Sで10着に大敗していた昨年のオークス馬ソウルスターリング(牝4歳、美浦・藤沢和雄厩舎)が、左前肢手根骨を骨折したことが17日、明らかになった。

 レース後に左前肢の膝部分に腫れが出たため、この日、美浦トレセン内の競走馬診療所でレントゲン検査を受けて判明した。全治3か月の見込みで、今後は宮城・山元トレセンに放牧に出されて患部の治療に専念する。藤沢和調教師は「放牧に出して、来年に備えたいと思います」と説明した。

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請