【六大学】早大・小島が今季3度目完封 DeNAスカウト部長「大学生の左投手では一番」

今季3度目の完封勝利を挙げた早大・小島
今季3度目の完封勝利を挙げた早大・小島

◆東京六大学野球 第6週第3日 早大8-0明大(15日・神宮)

 早大はドラフト候補左腕・小島和哉主将(4年)が、6安打9奪三振で今季3度目の完封勝ち。勝ち点を3とし、V争いに踏みとどまった。優勝の行方は慶法早の3校に絞られた。

 早大・小島が25日のドラフト会議に向け猛アピールだ。1失点完投した13日の1回戦から中1日での完封勝ち。「完封するつもりで完封できました」と胸を張った。これで9月22日の立大1回戦から5試合連続で完投し、うち3完封。伸びのある直球を軸に、45回を投げてわずか2失点という抜群の安定ぶり。シーズン3完封はリーグ12年ぶり。この日は5球団が視察し、DeNA・吉田スカウト部長が「大学生の左投手では一番」と評価も急上昇している。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請