【東都大学準硬式野球】中大が4つ目の勝ち点

先制打を放った中大・眼龍
先制打を放った中大・眼龍

◆東都大学準硬式野球1部秋季リーグ戦 中大11―0東洋大(15日・上柚木公園)

 中大が7回コールド勝ちで4つ目の勝ち点を挙げた。初回、眼龍達矢(4年=常総学院)の右越え適時二塁打で2点を先制すると、敵失もからめて5安打で7点を奪取。4回、6回にも2点ずつを挙げてリードを広げると、先発の大澤魁生(2年=浦和学院)が7回を5安打無失点に抑えた。

 中大・眼龍達矢「チャンスの場面で打ててよかったです。次も打てるように頑張ります」

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請