【ヤクルト】まさかのノーノーで終戦 「菅野は良くなかった」の声も

敗れてファンに頭を下げる小川監督らヤクルトの選手(カメラ・矢口 亨)
敗れてファンに頭を下げる小川監督らヤクルトの選手(カメラ・矢口 亨)

 ◆2018 マイナビ クライマックスシリーズ セ ヤクルト0―4巨人(14日・神宮)

 ヤクルトは巨人・菅野にクライマックスシリーズ(CS)史上初となるノーヒットノーランを許して、ファーストステージでの敗退が決まった。

 出塁したのは7回2死から四球を選んだ山田哲だけという準完全試合。小川監督は「コメントすることがない」と完敗を認めたが、ナインからは意外にも、この日の菅野が絶好調とは言えなかったとする声も多く上がった。

 坂口「いつもと違うところもあったけど、戦ったことのあるピッチャー」

 川端「いつもよりすごくいいという感じではなかったけど、コントロールが素晴らしかった。いいコースに来ている分、正面に行ってしまったと思う」

 山田哲「いつもとの違いはあまり感じなかった。強い、いい投手という感じ。菅野さんはよかったかもしれないけど、小林さんのリードも僕が思っているのと違うところがあった」

 雄平「よくはなかったと思う。(東京)ドームで戦った時の方が本格派という感じ。のらりくらりと行って、2巡目は本格派という感じ。つかみ所がなくて迷わされた感じ」

 改めて球界を代表する投手であることを実感したヤクルトナイン。本調子ではなくとも完璧に封じる強さを見せつけられた。バレンティンが「日本では1番いいピッチャーだと思う」と認めたように、強力ヤクルト打線もお手上げだった。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請