【秋華賞】関屋記念Vのプリモシーンは7着 北村宏「距離は大丈夫でした」

7着に終わったプリモシーン(カメラ・朝田 秀司)
7着に終わったプリモシーン(カメラ・朝田 秀司)

◆第23回秋華賞・G1(10月14日、京都競馬場・芝2000メートル、良)

 3歳牝馬17頭(スカーレットカラーは出走取消)によって争われ、1番人気のアーモンドアイ(美浦・国枝栄厩舎)が直線で豪快に差し切って優勝。桜花賞、オークスに続くG1制覇で、1986年メジロラモーヌ、2003年スティルインラブ、2010年アパパネ、2012年ジェンティルドンナに続く史上5頭目の牝馬3冠を達成した。騎乗していたクリストフ・ルメール騎手は、昨年のディアドラに続く秋華賞連覇(史上3人目)となった。

 2着は逃げ粘った5番人気のミッキーチャーム(川田将雅騎手)、3着には外から追い込んだ3番人気カンタービレ(武豊騎手)が入った。

 北村宏騎手(プリモシーン=7着)「位置取りが思ったより後ろになってしまいました。それでも最後まで我慢してくれました。距離は大丈夫でした」

競馬

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請