住吉、大接戦制し出場決めた…第48回関西秋季大会大阪南支部予選

住吉は7回、敵失で二塁走者の佐野(右)が決勝のホームイン
住吉は7回、敵失で二塁走者の佐野(右)が決勝のホームイン

◆第48回関西秋季大会大阪南支部予選 ◇中学生の部▽代表決定戦 忠岡ボーイズ4―5住吉ボーイズ(6日・太子グラウンド)

 「第48回関西秋季大会」(20日開幕・淡路佐野野球場ほか)の大阪南支部予選は住吉ボーイズの本戦出場が決定した。

 住吉が大接戦を制し、関西秋季大会出場を決めた。試合前、住吉・服部監督は「いい選手がそろっている。投手も右3枚、左3枚がいて、固定せず、調子のいい子を優先して起用する」と話すように、初回に先制2ランを打たれてもチームに焦りはなかった。

 2点を追う4回、4番・渡部が左前適時打を放つと、2死一、二塁から吉岡が右越えの逆転2点三塁打。音在も中前適時打で続き、4点を奪った。吉岡は「打ったのはインコースの変化球。タイミングを取っていた。チームのためにヒットを打ちたかったので結果が出てうれしい」。音在は「真っすぐが3球続いたので見逃さなかった」と読み通りの一打となった。

 5回に追いつかれたが、7回1死一、二塁で鳥越の内野ゴロが敵失を誘い、勝ち越し。その裏、無死二塁を無失点で切り抜けたリリーフの是澤は「自分が招いたピンチは自分で抑える。気力が相手に勝った」。捕手の渡部も「打ち気満々だったので、うまく変化球を使ってリードした」と笑顔で振り返った。

ライフ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請