森保ジャパン“追い風”プラン 国内組過密日程回避

スポーツ報知
パナマ戦が開催されるデンカS横のグラウンドで練習した日本代表(カメラ・竜田 卓)

 来年1月のアジア杯で2大会ぶりのアジア王者を狙う森保ジャパンへ“追い風”プランが浮上した。日本代表は12月下旬からアジア杯に向けた合宿を開始予定。複数の関係者によると、直前に予定されている天皇杯の準決勝(12月16日)、決勝(同24日)の日程が急きょ2週間程度早まる可能性があるという。国内組の代表選手にとっては、過密日程を回避できるだけに、アジア王者奪還へ好材料となる。

 日程変更には条件がある。ACLで準決勝に進んでいる鹿島が優勝した場合(決勝は11月3、10日)だけだ。鹿島Vの場合、FIFAクラブW杯(12月12~22日・UAE)に出場が決定するため「クラブW杯前に国内の公式戦を終了させるためのようだ」(Jリーグ関係者)と、天皇杯の日程が前倒しになり、準決勝が12月5日、決勝が同9日になるという。J1リーグ戦は同1日に最終節を迎えるが、その後約1週間で国内組の選手のシーズンは終了となる。

 天皇杯決勝まで進んだチームに代表選手がいた場合、現在の日程では最悪2、3日だけのオフを挟んですぐに代表合流となる。だが、天皇杯の日程が約2週間早まれば、オフも2週間増える。クラブW杯に参加する鹿島の代表選手の過密日程は避けられないが、現在天皇杯の8強に残っている川崎、浦和、鳥栖、仙台らの代表選手にとっては“救いの一手”となる。

 現在、水面下で調整も進んでおり、あとは鹿島のACL制覇を待つだけ。森保ジャパンに追い風が吹くか。全ては鹿島のアジア制覇がカギを握っている。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請