馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中  東京 京都 新潟

【凱旋門賞】武豊のクリンチャーは直線失速で17着 帰国後は有馬記念出走へ

クリンチャー
クリンチャー

◆第97回凱旋門賞・仏G1(10月7日・芝2400メートル、パリロンシャン競馬場、良)

 19頭によって争われ、ランフランコ・デットーリ騎手が騎乗した1番人気のエネイブル(牝4歳、英国・ジョン・ゴスデン厩舎)が好位から抜け出し、僅差で勝利。史上7頭目の連覇を達成した。

 際どい2着には3番人気のシーオブクラス(ジェームズ・ドイル騎手)。3着は9番人気のクロスオブスターズ(ヴァンサン・シュミノー騎手)が入った。

 日本から参戦したクリンチャー(武豊騎手)は好位3番手で運んだが、直線で手応えがなくなり、17に終わった。

 宮本博調教師「申し訳ありません。結果が出せなくて。馬の調子はいいと思っていたんですけど、壁は厚いですね。フォワ賞(6着)のあとは運動量を増やして、悔いのない仕上げで臨んだんですが、結果が出なくてすみません。(凱旋門賞は)最高ですよ。なかなかこんなレースに来られないのに、馬に連れてきてもらって感謝しています。乗り方は武さんにお任せして、ああいうレースになると思っていました。エネイブルをマークしているなと思いましたが、ついていけなかったのが現状ですね。あとは日本に無事に帰したいです。前田オーナーには(次走は)有馬記念と言われています。日本の競馬でいいクリンチャーをお見せしたい。前田オーナーに感謝のひと言です」

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請