SKE48の「歯科医師の卵」矢作有紀奈が卒業へ、学業と両立難しく

 SKE48チームK2の矢作有紀奈(23)が6日、10月31日をもって卒業することを、SKE48公式HPで発表した。学業との両立が難しく、活動辞退を申し出たという。

 矢作は16年11月にSKE8期生として歯科医師を目指し、大学に通いながら活動を続けていた。4日に行われた「SKE10周年記念特別公演」も欠場し「平日はどうしても学校が休めず、この様な形になってしまったことをお許しください」とツイッターで説明していた。

 矢作は公式HPにコメントを寄せ、1年ほど前から休学するか復学するかで悩み、支配人に何度も活動辞退を申し入れていたことを告白。その都度引き留められたが「公演にも全く出演せず、握手会やコンサートのみの出演ということに対して次第に自分の存在価値に疑問を持つようになりました。そしてメンバーやファンの皆さんへの申し訳なさ、また両立の忙しさに心身共に限界を感じてしまいました」と心境を明かした。

 「短い期間でしたが私は全力でSKE48として活動してきたし、ここまで支えてきて下さったファンの皆さんやメンバーやスタッフの方々に感謝しています。SKE48のメンバーに選んで頂いたこと、選抜に選んで頂いたこと、正規メンバーに昇格させて頂いたこと、総選挙の速報にランクインさせて頂いたこと、これまで皆さんと一緒に歩んできた道は一生忘れません。本当にありがとうございました」とファンにメッセージを送った。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請