決まってきました(美浦)

スポーツ報知

 こんばんは。朝の馬道沿いではT助手から、午後の出馬投票所前ではS助手から、立て続けに「太りすぎ」と指摘されてしまった川上です。

 午後の取材回りで訪れた国枝厩舎では、不摂生な体を心配されてか、調教師から缶コーヒーではなく、はちみつドリンクのお裾分け。そろそろ真剣にダイエットを考えなければなりませんか…。

 というわけで、今日は国枝厩舎の2歳馬をいきますね。今週は8日の月曜東京5R(芝1600M)で【カレンブーケドール(牝、父ディープインパクト、母ソラリア)】、【ロジギムレット(牡、父ロジユニヴァース、母ロジフェローズ)】がスタンバイしております。まずは次走が決まっている組からまとめます。芝で勝ち上がった“シラユキヒメ一族”の【ハヤヤッコ(牡、父キングカメハメハ)】は既に出ているようにルメールJでアイビーS(10月20日、東京・芝1800M)へ。「芝で結果を出してくれたし、見た目とともに実力でも注目される存在になってくれたら」とトレーナー。オープンでも好勝負を狙います。

 それから芙蓉S2着の【ボスジラ(牡、父ディープインパクト)】は予定通りに百日草特別(11月4日、東京・芝2000M)へ。こちらは引き続き田辺Jで挑むことが決まったそうです。そしてこの百日草特別には、【ドナアトラエンテ(牝、父ディープインパクト)】も参戦する可能性があるとのこと。まだ流動的ではありますが、二頭出しとなれば、ジェンティルドンナの全妹にも当然注目です。

 同じ日の福島、きんもくせい特別(芝1800M)には【ディキシーナイト(牡、父ダイワメジャー)】がスタンバイ。着実にステップアップを狙っていきます。

 デビューから2戦続けて3着の【サトノエルドール(牡、父ディープインパクト)】はいったん間隔を空けて、初勝利を目指す格好。現状で、ジャパンCデーの11月25日、東京・芝1800Mを目指す方針です。同じ勝負服の【サトノルミナス(牝、父ディープインパクト)】は先週の初陣が9着。こちらはひと休みさせるそうです。

 これからデビューする組では、昨日3日に【サトノラディウス(牡、父ディープインパクト、母アーヴェイ)】が入厩しております。あとは、POG的にも面白そうな一頭が【フロラシオン(牝、父アイルハヴアナザー、母マイネカンナ)】。母は08年の福島牝馬Sの勝ち馬で、現2勝のマイネルズイーガーの全妹にあたりますね。こちらは、順調ならば来週、再来週の入厩がありそうとのこと。それから【ショウナンランナー(牡、父ケープブランコ、母ショウナンアピア)】も同様に来週中にも入厩する方向でした。

 それから堀厩舎も載せましょう。今週デビューの【ブーザー(牡、父マンハッタンカフェ、母マンドゥラ)】(土曜東京5R、芝1400M)、【ダノンラスター(牡、父ディープインパクト、母プリンセスオブシルマー)】も期待のほどが伝わってきましたが、ヴァンキッシュランの下にあたります【セントレオナード(牡、父ディープインパクト、母リリーオブザバレー)】のデビューも近付いているようで。今月末28日の芝1800Mを見据えており、「馬格があって見栄えがする馬。能力を感じさせるし、精神的に良くなっていけば、今後が楽しみ」と森助手です。それから、サトノダイヤモンドの全弟で大物候補の【サトノジェネシス(牡、父ディープインパクト、母マルペンサ)】は10月20日の芝2000MをモレイラJで予定。「まだ体に緩さがあるし、テンションも高くて集中しきれない面はある。まだ途上なのかなという感じですが、素質は秘めている」とのこと。先月22日に入厩して以来、ゲート合格を目指していた【スワーヴシャルル(牡、父ロードカナロア、母キングスローズ)】は昨日3日に無事にゲート試験に合格しており、「馬格は480キロくらいで、まとまりのあるいい馬。潜在能力を感じさせます」と同助手でした。先週の新馬戦をモレイラJで制した【エアジーン(牝、父ハービンジャー、母ラスティングソング)】は6日にもいったん放牧に出る方向です。

 本日はこのあたりで。ではではまたです。

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請