【西武】ウルフ、5回途中4失点で降板 ソフトバンクは2点を追う展開

5回無死一塁、大田に左線へ追加点となる適時二塁打を浴びたウルフ(カメラ・渡辺 了文)
5回無死一塁、大田に左線へ追加点となる適時二塁打を浴びたウルフ(カメラ・渡辺 了文)

◆日本ハム―西武(30日・札幌ドーム)

 優勝マジック1で迎えた30日の敵地・日本ハム戦で西武・先発のウルフは、0―2の5回に日本ハム・大田の左翼線適時打で追加点を許し、1死後に満塁のピンチを迎え降板した。

 2番手の野田は清宮を二塁ゴロに打ち取るも併殺崩れの間に1点を失い4点を追う試合展開となった。

 日本ハムは先発・杉浦が5回3安打無失点。6回から2番手に井口を送った。

 西武は、日本ハムに勝つか引き分け、敗れたとしても2位ソフトバンクがロッテに負けるか引き分ければ優勝が決まる。

 ソフトバンクは先発の大竹が、4回にロッテ・中村の中越え4号ソロなどで3失点。6回に1点を返し反撃するも、2点のリードを許している。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請