馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中  中山 京都 小倉

【神戸新聞杯】G1馬タイムフライヤーは6着…和田「行きっぷりが良すぎて」

◆第66回神戸新聞杯・G2(9月23日・阪神競馬・芝2400メートル、良)

 菊花賞トライアルは3歳牡馬10頭によって争われ、1番人気だった今年の日本ダービー馬、ワグネリアン(栗東・友道康夫厩舎)が直線で外から差し切って優勝。勝ち時計は2分25秒6。負傷の福永祐一騎手から乗り替わりで、騎乗していた藤岡康太騎手(29)はJRA通算500勝を重賞勝利で飾った。

 半馬身差の2着は最後方から追い込んだ、勝ち馬と同じ友道厩舎の3番人気のエタリオウ(ミルコ・デムーロ騎手)、3着には逃げ粘った6番人気のメイショウテッコン(松山弘平騎手)が入った。上位3頭には菊花賞(10月21日、京都)の優先出走権が与えられた。

 和田騎手(タイムフライヤー=6着)「行きっぷりがよすぎて、内に潜り込んでも力んでいた。一度使ってガス抜きができれば」

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請