スーパー1年生“おかわり君2世”西野が3戦3発 大阪桐蔭3試合連続コールド勝ち

5回、大阪桐蔭の西野が中堅左に2ランを放つ
5回、大阪桐蔭の西野が中堅左に2ランを放つ

◆秋季高校野球大阪府大会 ▽3回戦 大阪桐蔭10―1金光大阪=7回コールド=(23日・万博球場)

 史上初のセンバツ3連覇&3季連続の甲子園優勝を目指す大阪桐蔭が、3試合連続でコールド勝ちした。

 スーパー1年生の“おかわり君2世”西野力矢一塁手が5回に2試合ぶりの2ランを中堅左に放ち、1回戦の2本塁打と合わせて3戦3発とした。

 大阪桐蔭は0―1の2回に中野波来(はる)中堅手の左前適時打で追いつき、柳本直輝左翼手の2点適時打で勝ち越し。さらに宮本涼太二塁手の3ランで、この回6点を奪った。5回は西野の2ラン、6回は縄田渉(いずれも2年)の右前タイムリーと柳本の左前適時打で2点を加えた。

 投げては、新井雅之(2年)、縄田、藤江星河(1年)の継投で金光大阪を3安打1失点に抑えた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請