【ロッテ】二木、遠い4勝目…5戦連続白星なし

◆ロッテ3―5西武(22日・ZOZOマリン)

 ロッテ・二木康太投手(23)が先発し、6回途中7安打4四球2失点で降板。1か月ぶりの4勝目を逃した。

 1―0の2回に2四球を与え2死一、二塁のピンチを招くと木村の左前適時打で同点とされた。

 1―1の6回には先頭の4番・山川から3連打を浴びて勝ち越しを許した。その後、2死満塁とピンチを広げたところでベンチに下がり、5戦連続で白星をつかめなかった。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請