【兵庫】プロ注目左腕の姫路南・照峰が2回戦で敗退

明石商戦で粘投した姫路南の照峰
明石商戦で粘投した姫路南の照峰

◆秋季兵庫県大会 ▽2回戦 明石商5―1姫路南(22日・明石トーカロ球場)

 姫路南のプロ注目左腕・照峰賢也(2年)が、兵庫県大会の2回戦で散った。今夏の甲子園に出場した明石商を4安打に抑えながらも、10四死球を与えた。両太ももをつったため、7回1/3を投げて5失点で降板した。

 最速138キロをマークした一方で、序盤から変化球の制球に苦しんだ。「球威が落ちたときに、心の中で引けてしまった。スタミナ、実力不足。力の差を感じた」と、肩を落とした。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請