【広島】阪神戦が雨で開始1時間9分遅れ さらに1時間2分中断のち再開

試合再開に向けてグランド整備が始まるマツダタジアム
試合再開に向けてグランド整備が始まるマツダタジアム

◆広島―阪神(20日・マツダスタジアム)

 優勝へのマジックを4としている広島は、阪神を本拠に迎えての一戦が雨で大幅に開始が遅れた。

 雨が降り続く中、試合が始まったのは1時間9分遅れとなる午後7時9分だった。初回、阪神はジョンソンから陽川の適時打で先制した。しかし、2回終了と同時に雨脚が強くなり、8時1分に中断となった。

 再開されたのは1時間2分後の9時3分。ジョンソンはそのまま降板となり、中村祐が2番手でマウンドに上がった。阪神は才木が続投した。

野球

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請