乙武洋匡氏、杉田議員擁護の「新潮45」に怒り「人生で初めてハンガーストライキでもしてやろうか…」

乙武洋匡氏
乙武洋匡氏

 作家の乙武洋匡氏(42)が20日、自身のツイッターを更新。自民党の杉田水脈衆院議員が性的少数者(LGBT)について「生産性がない」などと主張した論文を掲載した月刊誌「新潮45」が、批判への反論を10月号に掲載し、物議を醸している問題について持論をつづった。

 「新潮45」は「そんなにおかしいか『杉田水脈』論文」と題した企画を掲載。作家の高橋源一郎氏が「こんなの読ませるなよ」とツイートするなど、各所から批判の声が上がり炎上状態となっている。

 乙武氏は「『新潮45』に掲載されたヘイト。悔しくて眠れそうにない。人生で初めて、神楽坂の社屋前でハンガーストライキでもしてやろうかと考えたほどだ」と怒りを吐露。その上で「でも、少し冷静になると、新潮社に対する糾弾よりも真っ先にしなければならないのは、今回の記事で傷ついた方々の気持ちに寄り添うことだと気づかされた」とつづり、「『あんな酒場での暴言のような記事を気にしないで』と言っても、やはり心をえぐられた人は少なくないと思います。でも、ネット上には今回の『新潮45』に腹を立て、抗議の声を上げている人が山ほどいます。みなさんの心に寄り添い、当事者でなくても激しい憤りを感じている人々が多く存在しています」「『気にするな』『傷つかないで』とは言えません。だけど、その傷を気に病み、自分の痛みのように感じている人々も多くいることを忘れずにいてください。当事者としての痛みや苦しみは共有できないけれど、いつでも心を寄せています。少しでも共有したいと思っています。どうか仲間でいさせてください」と呼びかけた。

 「杉田水脈議員の発言のときも『悔しい。力になれなくてごめんなさい』とつぶやいたら、早速『週刊新潮』が『あいつはまだ政治家にでもなりたいのか』と茶化した記事を書いてきた」と乙武氏。「だけど、つぶやかずにはいられない。もう何を書かれても、どう批判されても、どうでもいい。ただ、今回の記事で傷ついた人々にどうしても伝えたいだけ。決して社会で孤立なんてさせない。孤独になんてさせない。味方はいるから。ここにいるから。本当に無力で申し訳ないけど。ここにいるからね」と訴えていた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請