レアル・マドリード ローマに快勝! 欧州CL4連覇へ白星スタート 

後半ロスタイムにチーム3点目を決め、喜ぶレアル・マドリードのディアス(ロイター)
後半ロスタイムにチーム3点目を決め、喜ぶレアル・マドリードのディアス(ロイター)
チーム2点目を挙げたベイル(11番)はサポーターたちと喜び合った(ロイター)
チーム2点目を挙げたベイル(11番)はサポーターたちと喜び合った(ロイター)

 サッカーの欧州チャンピオンズリーグ(CL)は19日、マドリードなどで1次リーグE―H組の第1節が行われ、4連覇を目指すレアル・マドリード(スペイン)は、ホームで昨季4強のローマ(イタリア)を3―0で下し、白星発進した。

 前半終了間際に試合は動いた。昨季までならポルトガル代表FWのC・ロナウドが蹴っていたであろう直接FKを、技巧派のイスコが右足で決める。壁を越えてゴール左に吸い込まれた一撃に、相手GKはほとんど動けなかった。

 後半13分にはモドリッチのロングパスを起点にしたカウンター攻撃からベイルが左足でチーム2点目。後半ロスタイムにはロナウドの背番号7を受け継いだディアスがダメ押し弾を挙げ、G組最大のライバルとなりそうなローマを力でねじ伏せた。

 ジダン前監督の突然の退任や大黒柱ロナウドの移籍を経た「新生レアル」。昨季まで欧州CLを3連覇してきたが、今季からチームを率いるロペテギ監督は「CLはどんな試合でも難しい。重要な勝ち点3だ」と快勝劇に胸を張った。

後半ロスタイムにチーム3点目を決め、喜ぶレアル・マドリードのディアス(ロイター)
チーム2点目を挙げたベイル(11番)はサポーターたちと喜び合った(ロイター)
すべての写真を見る 2枚

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請