高須院長、宮川紗江と正式に所属契約を結んだことを発表 宮川から「体操協会のスポンサー許可がおりました」と報告 

宮川紗江
宮川紗江

 高須クリニックの高須克弥院長(73)が19日、公式ツイッターを更新し、体操女子で2016年リオ五輪代表・宮川紗江(18)と正式に所属契約を結んだことを発表した。

 高須氏はツイッターで「宮川沙江ちゃんからLINEが来たぜ 身内になったぜ。かっちゃんのは身内を守るよ。なう」と明かした。ツイッターで、宮川からのメッセージを披露し「こんばんは!今日、体操協会のスポンサー許可がおりました。高須クリニック宮川紗江と名乗れるようになりました。これからよろしくお願いします身内なうです」と高須氏に報告していた。

 高須氏は、宮川が操協会の塚原千恵子・女子強化本部長(71)のパワハラを告発したことを受け、8月29日に自身のツイッターで宮川の支援を表明した。支援を決断した思いを「ボクはいつも同じなんです。頑張っているアスリートが道を断たれて途方に暮れている時に応援したいだけなんです」と明かしていた。

 さらに今月7日の公式ツイッターで宮川とのツーショット写真を掲載。「宮川選手とスポンサー契約の相談。体操協会のOKもらったら身内なう。」とつぶやき、「体操協会のルールが変わって、前もってスポンサーのお伺いが必要なんだって。では まず体操協会の許可をいただくよう手配するぜ。かっちゃんは体操協会の顔を潰すようなことはしません。筋を通します。会長さん副会長さん理事のみなさんよろしくお願いいたします。なう」と報告していた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請