【六大学】法大、7季ぶり開幕から連続勝ち点 ドラフト候補・向山&中山が連続タイムリー

◆東京六大学野球 法大2―0明大(18日・神宮)

 法大が明大に競り勝ち、2勝1分けで勝ち点を2とした。0―0の9回、1死二塁から3番・向山基生中堅手、4番・中山翔太一塁手(ともに4年)のドラフト候補コンビが連続適時打を放った。法大が開幕から2カード連続で勝ち点を挙げるのは、15年春以来7季ぶり。明大は好投のエース右腕・森下暢仁(3年)が踏ん張り切れなかった。

 ドラフト候補コンビが試合を決めた。9回1死二塁から向山がカットボールを中前にはじき返して均衡を破ると、相手中堅手の本塁悪送球の間に一気に三塁へ。続く中山が左翼フェンス直撃の適時打で続いた。ともに近日中にプロ志望届を提出する予定で、特に中山はドラフトで指名されなかったら野球をやめるつもりだ。それでも「今はチームの優勝だけを目指してます」と声をそろえた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請