樹木希林さん、遺作は来年公開映画「エリカ38」 自ら企画、主演は浅田美代子

自宅前を歩く樹木希林さん
自宅前を歩く樹木希林さん

 個性派女優として知られた樹木希林(きき・きりん、本名・内田啓子=うちだ・けいこ)さんが15日午前2時45分に都内の自宅で死去した。

 樹木さんの遺作が、映画「エリカ38」(来年公開)になることが16日分かった。今作は樹木さんが女優人生で初めて企画を手掛けている。62歳の女が38歳と偽って金を集め、出資法違反で逮捕された事件をモチーフにした作品。出演も兼ねている樹木さんのたっての希望で主演には浅田美代子(62)を起用。樹木さんは細部にまで徹底したこだわりを見せていたという。

 浅田はデビュー作となったTBS系ドラマ「時間ですよ」で共演して以来、公私ともに親交があった。事務所関係者によると、亡くなる直前まで病院に足しげく通っていただけに、あまりのショックでコメントできるような状態にないという。

芸能

宝塚歌劇特集

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請