【西武】浅村&山川、連続弾で4点追加 ソフトバンク・千賀をKO

5回1死、山川が中越えに39号本塁打を放つ
5回1死、山川が中越えに39号本塁打を放つ

◆西武―ソフトバンク(15日・メットライフドーム)

 西武が1点差に迫られた5回に、3番・浅村栄斗内野手(27)と4番・山川穂高内野手(26)の連続アーチで一挙4点を追加した。

 1死一、三塁の好機で打席に立った浅村は、カウント1―1からの内角直球をライナーで左翼席へ27号3ラン。勝負強さを見せつけた一撃に「うれしい~、よかったっす、打てて」と声を弾ませた。

 気落ちしたソフトバンク・千賀に主砲・山川が追い打ちをかけた。初球の甘いフォークを振り抜くと、打球はバックスクリーン左へ飛び込む39号ソロ。40号の大台にリーチをかける豪快弾に「会心の当たりでした。浅村さんに続けてよかったっす」とニッコリ。続く栗山も中前打を放ち、千賀をマウンドから引きずり下ろした。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請