【東京六大学準硬式野球】法大が勝ち点

先制打を放つなど活躍した法大・石橋優
先制打を放つなど活躍した法大・石橋優

◆報知新聞社後援 東京六大学準硬式野球秋季リーグ戦 法大6―2東大(12日・法大多摩)

3連覇を狙う法大が勝ち点1を挙げた。初回、石橋優一郎(4年=徳島北)の2ランで先制すると、3回は石橋優、4回は大石智貴(3年=静岡)、5回には石橋錬(1年=遊学館)が適時打を放ち着々と加点。先発の石橋錬は6回を被安打1、1失点の好投。東大は5点を追う9回、木村将貴(2年=岡崎)の本塁打で追い上げたが届かなかった。

 法大・石橋優一郎「普段サポートしてくれている同期のためにも、よい結果が残せてよかったです」

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請