【東都大学準硬式野球】日大が競り勝って勝ち点

5回、勝ち越しの二塁打を放った日大・市川
5回、勝ち越しの二塁打を放った日大・市川

◆東都大学準硬式野球1部秋季リーグ戦 日大2―1東洋大(12日・上柚木公園)

 日大が接戦をモノにして東洋大に連勝し、1つ目の勝ち点を挙げた。初回、先制されるがその裏、福村厳輝(1年=磐田南)の左前安打から好機を作り、長濱莉来(1年=長崎日大)の適時打で同点とした。5回には市川智輝(1年=日大二)の適時二塁打で勝ち越し、森兼望(3年=浦和学院)から江越直胤(2年=長崎日大)につないで逃げ切った。

 日大・市川智輝「中央大学に勝つまでは喜べません」

野球

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請