【巨人】山口オーナーが由伸監督に続投要請の意向「十分にチームを整えて、腕を振るってもらいたい」

巨人・高橋監督
巨人・高橋監督

 巨人・山口寿一オーナー(61)が12日、今季が3年契約最終年となっている高橋由伸監督(43)に来季以降の続投を要請する意向を示した。

 都内で行われたオーナー会議後に、指揮官の評価について言及。今季すでに30本塁打をマークし、シーズン途中から4番に座っている岡本を筆頭に、若手が飛躍を続けている点を挙げ「岡本や吉川、そういった若手選手本人たちの努力がもちろん大きい訳だけれども、彼らがかなりの成績を残してきているのは、監督やコーチ陣が力を合わせて若手を育てようとしてきたことも大きかったと思っている。キャンプからその姿勢を貫いてきてくれているところは、私としては評価をしています」とチーム状況に左右されず、若手の起用を続けてきた手腕を改めて評価した。

 続けて「まだペナントレース途中だからこの先のことはあれこれ言える時期ではないけれども、十分にチームを整えて、監督には腕を振るってもらいたいなというふうに私は考えている」と来季以降もチームの指揮を託したい意向を明かした。

 現在、チームは3位で、他球団と激しいCS出場権争いを展開している。山口オーナーは「連日試合が続いてますから、監督とまだそういった話も出来ていない。これはあくまでも今の時点での、私の一方的な考えだということです」と現時点での私案であることを強調したが、読売新聞グループ本社社長でもある山口オーナーの発言は大きな意味を持ちそうだ。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請