【中日】松坂「同じ時代に杉内俊哉という投手がいたから頑張れた」あふれる思い語る

スポーツ報知
引退する同世代の杉内をたたえた中日・松坂

 中日・松坂大輔(37)が12日、引退を発表した巨人・杉内へのあふれる思いを語った。

 「(記者)会見の前に話ができました。声がすっきりしていました。もしかしたら強がりかもしれないですけど。僕としては、甲子園で対戦してから強く意識してきた仲間。自分の中で最高のライバル。スギの投げているフォームが好きでしたし、野球に対する考え方も好きでしたし、同じ時代に杉内俊哉という投手がいたから、僕も頑張ってこれた。ありがとうと伝えました」と神妙な面持ちで語った。

 甲子園で春夏連覇を果たしてから20年。13日の阪神戦でくしくも、その聖地で先発マウンドに上がる。「お疲れ様でした。僕ももう少し頑張ると言うと、スギは5年は投げてくれと。少しでも長く投げたいですね」と松坂。DeNA・後藤、BC栃木・村田に加え、巨人・杉内もユニホームに別れを告げる中、同世代の第一人者はまだまだ輝きを見せる。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請