「経済の次はスポーツで日本と成長を」カンボジアと本田の挑戦は始まったばかり

国歌斉唱後に拍手をする本田圭佑
国歌斉唱後に拍手をする本田圭佑

 【プノンペン(カンボジア)10日=岡島智哉】ゼネラルマネジャー(GM)に就任し、実質的な監督となったMF本田圭佑(32)=メルボルンV=が率いるカンボジア代表は、マレーシアに1―3の逆転負けした。

◆「サッカーは90分間」

 勝ち越し点に沸くマレーシアの選手たちを見つめながら、本田は悔しげに水を口に含んだ。前半に先制するも、後半に3失点。「最初の30分間は良いショーを見せることができた。しかし残念ながらサッカーは90分間です」と悔やんだ。

◆パスワーク光る

 会場は熱気に包まれた。W杯はもちろん、アジア杯の本戦にも勝ち上がったことがなく、直近15戦13敗のチームが、アジア大会(8月)で韓国を破ったマレーシアを相手に善戦。ワンタッチのパスワークなど、随所に光るプレーはみせた。しかし白星は遠かった。

◆経済の次はサッカーで

 カンボジアは日本のODA(政府開発援助)を通して交通インフラが整い、学校も建つなど内戦から立ち上がった。日本との外交を公務とする政府関係者は「これからは経済だけでなく文化、スポーツの面で日本と成長したい」と本田の“就任”を歓迎。「カンボジアはアジア大会で金メダルを2つ獲得した。これは歴史的なこと。サッカーもこれに続きたい。本田監督とともに」と力を込める。

◆「僕に責任がある」

 「私が言ったことの90%を選手は実践してくれた。(敗戦は)もちろん僕に責任がある。この敗戦を忘れることはない」と唇をかんだ本田。契約は2年間。本田とカンボジアの挑戦は始まったばかりだ。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請