【尾車親方の目】稀勢の里、スムーズ「生命線の左」稽古場通りの相撲

勢(右)を寄り切りで下した稀勢の里
勢(右)を寄り切りで下した稀勢の里

◆大相撲秋場所初日 ○稀勢の里(寄り切り)勢●(9日・両国国技館)

 8場所連続休場の稀勢の里にとっては、内容がある初日白星だった。勢は立ち合いから逃げる相手ではない。その分、しっかりと踏み込むことができた。左肩から当たって圧力をかけたことで、生命線の左をスムーズに入れることができリズム良く寄り切れた。

 横審の稽古総見に二所ノ関一門の連合稽古と、場所前に稀勢の里を見ることができたが、左が使えるようになったという印象を受けた。逆に伝家の宝刀の左が使えないとバタバタしてしまい腰高になる弱点がある。稽古場では左を使う意識が見えた。稽古場通りの相撲が取れたといえる。

 2日目に対戦する貴景勝との一番は非常に大事になる。腰高の稀勢の里には下から攻める貴景勝は嫌な相手。初日に貴景勝を押し倒した鶴竜のように引くという意識を捨てて我慢強く前に出る必要がある。勝っても内容が伴わない相撲ではリズムを失う可能性もある。大きな関門といえる。(スポーツ報知評論家)

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請