上戸彩「本当にミハンチームの仲がよさそうで…」フジ「絶対零度」撮影クランクアップ

上戸彩と沢村一樹
上戸彩と沢村一樹

 女優の上戸彩(32)が、10日に最終回放送のフジテレビ系連続ドラマ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」(月曜・後9時)のクランクアップをこのほど迎えた。

 上戸はフジテレビの湾岸スタジオで主演の俳優・沢村一樹(51)と最後のシーンを撮り終えた。スタッフから「上戸さんオールアップです!」との声が上がり、拍手の中、何度も礼をした。

 すると沢村が大きな花束を持って登場。沢村が「お疲れさまでした」とねぎらうと、上戸も「ありがとうございます」と応えて2人で握手を交わした。

 上戸は「私はほとんど家のテレビの前で、オンエアを見させていただいていたんですが、本当にミハンチームのみなさんの仲がよさそうで、桜木の名前が出るたびに、ドキドキうれしい気持ちにもなりましたし、ミハンの仲間に入れてもらいたいなーっていう気持ちでいっぱいでした。なので、第10話はおいしいカタチで出番をいただき」と、笑って撮影を振り返った。

 さらに「フジテレビの連ドラで帰ってきたのは久々だったので、顔見知りのスタッフの方にもたくさん会えて、本当に幸せな楽しい時間でした。本当にありがとうございました!」とコメントしていた。

 【最終回あらすじ】

 井沢(沢村)は、誘拐ビジネスを手がける犯行グループに拉致された山内(横山)の救出に向かう。するとそこに、ベトナムで死んだはずの桜木泉(上戸)の姿があった。

 桜木はすでに犯人たちを倒して拘束していたが、何故か井沢に銃を向ける。「あなたは、ミハンに組み込まれた人間?」。桜木は憎しみの眼差しで井沢にそう告げると、現場から立ち去る。

 井沢は、桜木がミハンを知っていたこと、彼女の上司だった長嶋(北大路欣也)が資料課を探っていたことに触れ、何か知っているのか、と東堂(伊藤淳史)に尋ねる。すると東堂は、新たな危険人物を表示する――それは、「桜木泉」。

 死んだと偽装し、日本に潜伏する彼女は、いったい誰を殺そうとしているのか!? 桜木泉を捜査することになったミハンチーム。すべての発端はベトナムにある。ベトナムへと向かった井沢と山内は、桜木の事件を担当した元刑事のグエン(フォンチー)に接触する。

 捜査していく中で、桜木は、証券会社社員の谷口正博(斉藤佑介)を追っていたことがわかる。谷口は、日本からベトナムに赴任した同社の支店長とその娘・由紀子(桜井ユキ)を爆発物を使って殺そうとしていた。谷口を射殺してそれを食い止めたのが、井沢の妻の元同僚だった刑事・赤川武志(須田邦裕)だった。

 だが事件後、赤川はホテルの屋上から転落死し、その翌日、桜木も失踪していた。謎が深まる中、ミハンと桜木の意外な繋がりが浮かび上がってきて…というストーリーになる。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請