大坂なおみ、一般向けラケットで快挙…ヨネックス社製ガットにナイロン

 大坂なおみ(20)=日清食品=は一般アマと同じようなヨネックス社のラケットで歴史の扉を開いた。市販品と同じ仕様でガットは縦にポリエステル、横にナイロンを使用。ナイロンは安価だがパワーが足りず耐久性が低く一般アマやジュニア向け。男女ツアー選手の90%以上はポリエステルで牛の腸などから作るナチュラルガットとの組み合わせが多い。大坂と同じくナイロンを使うのはK・エドムンド(英国)、引退した李娜(中国)らごく少数だ。

 パワーのある大坂は球が飛び過ぎないことを求める。縦横ともポリエステルにしていた時期もあったが、一昨年末から現在の仕様に落ち着いた。昨年末にナチュラルガットも試したが球が飛び過ぎてしまった。ハード、クレー、芝など違うサーフェスでもテンション(ガットの張りの強さ)はほぼ一定にしている。

 一部のトップ選手はラケット本体も見えない部分でバランスを変えるなどカスタマイズするが、大坂は手を加えない。面の安定性を出すためフレーム内側の左右に約20センチの薄い5グラム程度の重りを貼り付け、シャフト内側に「NAO―CHI」と名前が入っているだけ。以前はグリップに黄色や赤を使っていたが、3月にBNPパリバ・オープン(米国)を白でツアー初優勝してからは、験を担いでか白のまま。メーカーにとっては「注文がなく、手がかからない選手」だという。

 ヨネックス社では使用モデルにサイン入りや限定色を出したことがあるが、選手のオリジナルモデルはない。同社関係者は「優勝したらオリジナルモデルを作りたい」と期待を込めた。

 全米オープンテニス、WOWOWで連日独占生中継!

 詳細はこちら

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請