【広島】連勝が7でストップ 不敗神話が崩れM12変わらず

初回、3連続四球で満塁のピンチを招いた九里(左)
初回、3連続四球で満塁のピンチを招いた九里(左)

◆広島3―11阪神(5日・マツダスタジアム)

 広島の不敗神話がことごとく止まり、連勝が7でストップした。優勝マジックが減らなかったのは、8月26日以来となった。

 本拠地11連勝中だった先発・九里が初回に4点を奪われるなど、5回を5失点でKO。カープの投手では旧市民球場時代の1982年の北別府、88~89年の津田に並ぶ球団タイ記録だったが、新記録樹立とはならなかった。

 打線は初回に鈴木が28号2ランを放つと、6回2死走者なしでは丸が32号2ランを左翼席にお見舞いした。鈴木は「何とか取り返そうと思って打席に入った」と振り返ったが、最後まで追いつくことはできなかった。

 チームはこれで球団歴代2位タイとなる15試合連続アーチ。丸、鈴木のアベック弾が飛び出せば、今季は5連勝、通算でも12勝1敗と高勝率を誇っていたが、勝利には結びつかなかった。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請