速見佑斗コーチ、5日に会見し体操・宮川紗江への暴力問題など経緯説明へ

速見佑斗コーチ
速見佑斗コーチ

 体操女子で2016年リオ五輪代表の宮川紗江(18)に暴力を振るったとして日本協会から無期限の登録抹消などの処分を受けた速見佑斗コーチ(34)は5日に都内で記者会見を行う。問題発覚後に初めて公の場に出て謝罪を含め、今回の騒動を自らの口で説明する。

 速見氏の暴行を発端に、日本体操協会の塚原千恵子・強化本部長(71)と、夫の光男副会長(70)のパワハラ問題に発展。4日にはテレビ番組に光男氏が出演し、宮川に向けて「もっと配慮を持って、ガバナンスをしっかりし、こういう状況にならないように、こんなマスコミに囲まれることにならないようにすべきだった、という反省も含めて、宮川選手には大変な迷惑をかけた。それをおわびしたいと思ってます」と改めて謝意を口にした。

 一方で、塚原夫妻が7月15日に宮川に行った聞き取りについて、速見コーチの暴力のほかに、速見コーチの働きかけでトラブルになったという、宮川の「スポンサー二重契約」問題について調査する目的もあったと明かした。

スポーツ

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請