大谷、88日ぶり復帰登板は3回途中2失点で2敗目 3回に球速落ちて2ラン被弾

エンゼルス・大谷(ロイター)
エンゼルス・大谷(ロイター)

◆アストロズ4―2エンゼルス(2日・ヒューストン)

 エンゼルスの大谷翔平投手(24)が2日(日本時間3日)、敵地のアストロズ戦で88日ぶりに先発登板。2回1/3で2安打2失点。今季2敗目を喫した(4勝)。最速は99・3マイル(約159・8キロ)だった。

 初回は先頭のスプリンガーの右前打、コレアの四球などで2死一、二塁としたが、ホワイトをスライダーで見逃し三振に仕留めてピンチを脱した。

 2回は先頭・ゴンザレスの投手強襲する打球を右手でキャッチしようと試みた。右手を強襲して打球方向が変わり三ゴロ。周囲をヒヤリとさせたが、サムアップポーズを作って続投した。続くグリエルは空振り三振、元女房役のマルドナドは二ゴロに仕留めた。

 順調に復帰登板を終えたいところだったが、3回は球速がガクッと落ちた。2回まで150キロ台だった直球の球速は140キロ台後半まで落ち、先頭のケンプを四球で歩かせると、無死一塁からスプリンガーに左越え2ランを浴びた。続くアルトゥーベを二ゴロに抑えたところで降板。2回1/3で49球、2四球2奪三振、2安打2失点だった。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請