【中日】森監督の采配に抗議電話殺到 単年契約判明、今季限りで退任も

試合後、ファンにあいさつする森監督
試合後、ファンにあいさつする森監督

◆中日9―13巨人(2日・ナゴヤドーム)

 中日の森繁和監督(63)が今季限りで退任する可能性が2日、浮上した。16年9月に就任した際、球団首脳が「契約年数は複数年」と説明し、事実上の3年契約とみられていたが、この日までに初年度から単年契約を結んでいたことが判明。今季限りの退任に支障がないことが分かった。

 来季の監督人事は既に白紙だ。8月下旬、白井文吾オーナー(90)が森監督の去就について「非常に言いにくいね」と話し、「候補者(新監督人事案)まで持ってくる人がいる」と、親会社の中日新聞社内で“森降ろし”の風が吹いていると激白。球団にも采配を疑問視する抗議電話が殺到しているという。

 この日、巨人に敗れて自力でのCS進出が消滅。現在53勝67敗2分けの6位。混迷のセ・リーグでほとんどAクラス争いができなかった。森監督は試合後「残りの試合がある限り、みんなやり尽くす。勝ち負けだけでなく個人成績もある。当然、俺だって最後までやります」と今季終了までは指揮を執ると明言した。

 一方で球団は、独自ルートで優良な外国人を獲得するなど、森監督の編成面での手腕を高評価。監督の任を解いた場合も、編成トップのGMなどとして慰留する可能性もある。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請