【西武】外崎、「軽度の腹斜筋の張り」 背中の張り 病院で診断

◆オリックス5―1西武(2日・京セラドーム大阪)

 西武の外崎修汰内野手(25)が、大阪市内の病院で診断を受け、「軽度の腹斜筋の張り」と診断された。

 この日、試合前の打撃練習中に背中の張りを訴え、病院へ直行。今季初めて試合に欠場した。

 4日からは日本ハムとの2連戦(旭川)だが、出場選手登録抹消はせず、予定通りチームに帯同する見込みだ。

 外崎は今季、この試合前まで全116試合にフルイニング出場し、打率は2割9分1厘、18本塁打、24盗塁。内外野をこなすユーティリティープレーヤーとして、攻守にわたってチームに貢献していた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請