秋山竜次&友近、“和製洋画”を制作「完全オリジナル」と“パクリ”を否定

国産洋画劇場の会見に参加した秋山竜次
国産洋画劇場の会見に参加した秋山竜次

 お笑いトリオ「ロバート」秋山竜次(40)、お笑いタレントの友近(45)が31日、都内でダブル主演を務める大阪チャンネルオリジナル新番組「国産洋画劇場」(全5話、毎週金曜日順次配信)制作発表記者会見に参加した。

 同番組は秋山と友近がタッグを組み、洋画の名作を彷彿(ほうふつ)とさせる“和製洋画”を制作する。第一話は不祥事で落ちぶれた力士が復帰する様を描く「六城(ろくき)」。六城関を秋山、六城関と恋におちる和菓子屋勤務の女性・エンドウを友近が演じる。

 司会者から完成を祝福されると秋山は「ありがとう…」と泣くフリをした。76年の米映画「ロッキー」に似ている設定だが、「完全オリジナル作品です」と“パクリ”を全否定。「今まで生まれて一度も洋画を見ていない。ボクシングを題材にした映画があることも知りません」といい、笑いを誘った。同作で秋山と“接吻(せっぷん)シーン”に挑戦した友近は「やるフリとかありえない。やるからには全力で」と語った。

 第二話は、身分がちがう雀(じゃく)と薔薇子(ばらこ)が浜松町から千葉まで行くフェリーの中で出会い、惹(ひ)かれていく姿を描く「船と氷山」。この他にお化け退治集団を描くコメディー作「除霊集団」などの構想があることを明かした。秋山は「全く映画を見ない二人なので完全オリジナルです」と再度強調し、「(船と氷山の)船の先端でのラブシーンは若い子がマネするかもしれない」と“社会現象化”に期待を寄せた。

芸能

宝塚歌劇特集

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請