マック赤坂氏、準強姦と脅迫容疑も否認「性行為はしたが、合意の上だった」

スポーツ報知
マック赤坂氏

 酒に酔った40代女性に乱暴したとして、警視庁赤坂署は30日までに、準強姦(ごうかん)と脅迫の疑いで、自称会社役員で政治活動家のマック赤坂氏(69)を書類送検した。マック氏は「合意の上だった」と容疑を否認している。送検は29日付。同氏は都知事選など多くの選挙に出馬したことで知られている。

 警視庁などによると、女性は2016年4月17日、東京都港区赤坂のファミリーレストランでマック氏と支援者らの懇親会に出席し飲酒。女性は酔い、気づいた時にはマック氏の自宅マンションのベッドの上にマック氏と一緒にいたという。また同年9月には抗議する女性に対して「一部始終をビデオに録画している」と脅迫した疑いがもたれている。女性は同年12月、赤坂署に告訴していた。

 送検容疑は16年4月、自宅で酒に酔って抵抗できない状態の女性に乱暴するなどしたとしている。

 マック氏は取材に対して「『大好き』などと言われ、好意を持たれていると思っていた。性行為はしたが、合意の上だった。その後も選挙活動を手伝ってくれたのに、なぜこのような行動に出たのか理解できない」と容疑を否認している。

 ◆マック赤坂(まっく・あかさか)本名・戸並誠。1948年9月18日、愛知県名古屋市生まれ、69歳。京大農学部卒。伊藤忠商事勤務を経てレアアースの輸入商社を設立。「スマイル党」総裁として、これまで都知事選4回、国政選挙4回など合計13回の選挙に出馬し、いずれも落選している。

社会