【オリックス】山田が球団記録の月間17登板 福良監督「チャンスなので投げさせたい」

7回途中から登板した山田
7回途中から登板した山田

◆オリックス6―1日本ハム(30日・京セラドーム大阪)

 オリックスは、中島が4安打を放つなど、11安打6得点と打線がつながり快勝した。

 先発の山岡は、7回途中1失点で5勝目(10敗)を挙げた。7回2死満塁では2番手で山田が登板し、西川を二ゴロに抑えた。これで8月は17試合に登板し、04年5月に歌藤達夫が記録した月間登板数の球団記録に並んだ。8月は残り31日の西武戦(京セラD)のみ。福良監督は「チャンスなので投げさせたいと思います」と話し、山田も「自分的には疲れもなくて、肩ひじの張りもない。是非投げたいですね」と意気込んだ。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請