宮川紗江の母親、体操協会は「新体制になってもらわないと無理。あのお2人がいる限り」

宮川紗江
宮川紗江

 体操女子の世界選手権(10~11月、カタール)代表候補で、2016年リオ五輪代表で体操協会の塚原千恵子・女子強化本部長(71)のパワハラを告発した宮川紗江(18)の母親が30日放送のフジテレビ系「直撃LIVEグッディ!」(月~金曜・後1時45分)の取材に応じ、29日の会見についてこ「できれば代わってあげたいと思ったし、でも本人が会見を開いて全部暴露したいと言ったので、それだったら見守るしかないかなと思いました」と明かした。

 娘への暴力行為で日本協会から無期限登録抹消などの処分を受けた速見佑斗コーチ(34)について「ずっと家族ぐるみでお付き合いさせてもらっていたので紗江も5年生の時から、8年間もずっと一緒ですし、本当に何でも言いあえる関係だったので、それが突然、こうなっちゃたら私も不安ですし。彼女はもっと」と心境を吐露していた。

 会見で宮川は速見コーチの処分軽減を求め、暴力行為は認めた上で改めて師事を表明。処分を下した日本協会の意図を「コーチと私を引き離そうとしている」と述べた。

 母親は「私達は何を言われてもいいんです。ただ、紗江がよりよい環境で楽しく体操をやってもらいたいのが一番の願いなので。それには速見コーチが必要なので」とし「自分の権力を守りたいが為に、こうやって訴えているのに一人の選手をダメにしようとしていることにすごく腹が立ちます」と告白した。

 体操協会への期待を問われると「今の状態では何も期待はないです。新体制になってもらわないと無理だと思います。あのお2人がいる限り」と塚原光男副会長(70)と妻の千恵子本部長が君臨する体制に疑問を投げかけていた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請