本木雅弘、樹木希林は「一時危篤状態だった」…大たい骨骨折の義母の病状語る

スポーツ報知
樹木希林の病状を説明した本木雅弘

 俳優の本木雅弘(52)が30日、都内でYahoo! JAPAN「全国統一防災模試 台風・豪雨編」提供開始発表会に出席。義母で女優の樹木希林(75)の病状について説明した。

 樹木は13日、知人宅の外階段で転び、左大腿(だいたい)骨を骨折。娘でエッセイストの内田也哉子(42)に抱えられて病院に向かい、15日にチタンを入れる手術を行った。本木によると、もともと気管支が弱く、がんの影響で肺のあたりが弱っており「一時は危篤の状態だったが、無事に危機を回避した」と明かした。全治は約6週間で現在はリハビリを行っているという。

 本木は、29日に樹木が書いたイラスト付きのコメントを持参。樹木が天からつながっている糸をはさみで切られてしまう様子が描かれ、「細い糸1本でやっとつながっている 声一言もでないの しぶとい困った婆婆です K.KIKI」と記された。本木は「いつ切られてもおかしくないという自虐の絵です。集中治療室で看護師さんに『この人、本当にせっかちなの』とか言ってる。樹木さんらしさ全開で入院生活を送っております」と笑った。

 また、樹木が手術前に夫でミュージシャンの内田裕也(78)に電話したことを報告。「もしもの時のことがあったらと、『今までいろいろ悪かったね。よろしく』と。裕也さんも『おぉ、そうか。こっちこそ悪かったな』と。今でこそ笑い話です」とやりとりを明かした。

 病院に見舞いに訪れた本木は「足をさすると『本木さん、痛い。強すぎる』と怒られてます(笑い)。声が出ない日もある」。復帰時期については「リハビリ次第です。退院はまだ分かりません」と話した。

 この日は、女優の武田玲奈(21)と出席し、同社のスマホアプリ9月30日まで実施される防災知識を問う模試をPR。3月に行われた前回模試のCMキャラクターを務めた本木は「改めて防災に対する意識を高めていかないといけないと思った。継続して意識していくのが難しいと感じた」とあいさつ。普段から「自宅に水を備蓄、簡易トイレを用意したり、すぐに動きを取れる靴を用意してる。子供達にも伝えて、少しだけ安心感を持てた」と話した。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請