立川志らく、兄弟子・談春との不仲説否定も、自ら別の兄弟子との“不仲”暴露

立川志らく
立川志らく

 落語家の立川志らく(55)が、29日放送のフジテレビ系「梅沢富美男のズバッと聞きます!」(水曜・後10時)に出演し、兄弟子・立川談春(52)との不仲説の真相を語った。

 1989年、談春と「立川ボーイズ」を結成、多数のテレビ番組に出演し人気になったものの30年が経ち、談春と志らくには不仲説が浮上している。

 志らくは、談春について「もう凶暴だしね。怖いしね。言ってることは破たんしてるしね。ひどい人なんです」と話しつつ「仲はいいですよ。会えばとっても仲はいい」と“うわさ”を否定した。

 ただ、会う機会がないといい「周りが仲が悪いだとか、ライバル同士だとかやるから、余計そうなっちゃているだけで、若い頃はずっと一緒にいたから、どっちかが先に死んだら号泣するんじゃないんですかきっと。そういう仲だと思う。一番芸も認め合っている」と語った。

 年に1回、正月に立川流一門の集まりで会うと話すと、スタッフから「どういうお話をするんですか?」と質問。すると、今度は「志の輔兄さんとしゃべることは皆無なので…」と立川志の輔(64)との“不仲”を暴露!? 新たな不仲説を自ら明かしていた。

芸能

宝塚歌劇特集

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請