コーチ暴力問題の宮川が都内で会見 日本協会の塚原強化本部長から「パワハラ受けた」と告発

会見に臨む体操の宮川紗江
会見に臨む体操の宮川紗江

 体操女子の世界選手権(10~11月、カタール)代表候補で、2016年リオ五輪代表の宮川紗江(18)が29日、自身への暴力行為で日本協会から無期限の登録抹消などの処分を受けた速見佑斗コーチ(34)に関する会見を開いた。

 速見氏の暴力行為の事実があったことは認め、「速見コーチと一緒に東京五輪を目指したい」と改めて師事する意向を示したが、日本協会が無期限の処分を下した経緯について「重すぎる処分」と訴え、「速見コーチの指導はパワハラとは感じていない。私とコーチを引き離そうとする日本協会の大きな力が動いた」と説明。日本体操協会の塚原千恵子・女子強化本部長が背後にいると指摘し、「権力を使った暴力。パワハラだと思う」と告発した。

 主として塚原強化本部長が、自身が監督を務める朝日生命体操クラブに引き込むための手段として速見コーチの過去の暴力問題を持ち上げ、今回の騒動に至ったと主張した。「邪魔な速見コーチを排除して、朝日生命の利益にするために私とコーチを引き離すことがこの暴力問題の背景にあると思った。強化本部長が大きく関わっていたことは間違いありません」と話した。

 報じられている速見コーチによる「馬乗りの殴打」や「髪の毛をつかんでひきずり回された」などについては「一度もありません」と否定した。宮川は、塚原強化本部長が「大きな権力を握っている」と言い、代表選考基準が「本部長の言うことを聞くか聞かないかにある」と訴えた。

 過去には言うことを聞かなければ「あなたは五輪には行けないわよ」などと言われ、「恐怖を感じた。言われた時は頭の中が真っ白になった」と明かした。また家族と速見コーチの処分に関して、陳情した際には「家族みんなでどうかしてる。宗教みたいだと言われた。終始高圧的な態度を取られ、家族もコーチも否定された」と怒りをにじませた。宮川は「強化本部長の味方につけば優遇される。私は優遇されるために体操をやっているわけではありません。同じ被害を受けている選手がたくさんいる。多くの選手が疑問を持っている。権力を持った人にとって選手1人の人生などまったく関係ないのだと思う。これらのパワハラの事実を認めて欲しい」と繰り返し、「18年しか生きていませんが人生で一番の勇気を出してここに立っています」と声を絞り出して告発を続けた。

 今後については速見コーチとの東京五輪を目指すことを強く訴え、公式戦や代表合宿などはすべて辞退することを表明した。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請