【楽天】新人王候補の田中、自身2本目の15号先頭弾

◆西武―楽天(28日・前橋)

 パ・リーグ最下位の楽天は、田中和基外野手(23)の15号先頭打者本塁打で先取点を奪った。先頭弾は7月28日のソフトバンク戦(ヤフオクD)以来自身2発目。売り出し中の切り込み隊長が首位・西武に先制パンチを見舞った。

 完璧な当たりだった。試合開始から4球目。カウント2ボール1ストライクから多和田の142キロ直球を右翼席に運んだ。田中は「打ったのはストレートです。カウントを悪くしたくないだろうなと思ってストレートを待っていました。しっかりスイングすることができました」と笑顔だった。

 田中は立大から入団2年目で新人王の有資格者。オリックス・山本やロッテ・藤岡裕らとともに争っている。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請